Archive for the month 10月 2013

  

賃貸の修繕費用を覚悟してリフォームする

賃貸の契約終了時には、不動産会社にお部屋の修繕費用を支払う必要が出てくると思います。原状復帰といい、賃貸を借りた人というのは、新しい入居者のことを考えて、お部屋を元通りにする義務があるのです。この原状復帰のことを考えずに、賃貸契約中にお部屋をリフォームしてしまうという人も多いようです。テレビ番組などでリフォームが取り立たされることが多いのですが、契約が過ぎますと元に戻す必要があることも考えるべきです。 賃貸の原状復帰のことを考えると、敷金の支払いというのはとても重要になってくるかと思います。敷金は原状復帰の際に必要なお金を前払いするという役割で、お部屋を綺麗に使うことで契約終了時には戻ってくるという宣伝がされているのを見かけることがあります。しかし多くの人は、お部屋をリフォームしてしまったり、ペットなどがお部屋を汚してしまうことで戻ってこなくなる場合が多いようです。ここは開き直り、敷金から原状復帰の代金を支払って、今の生活をエンジョイするという考え方も出てきます。 しかし敷金を大きく超える改装などをしてしまうと、追加で修繕費用を支払う必要も発生してしまうので、ある程度は節度を持ち、綺麗に賃貸のお部屋は使いたいものです。