分譲の物件を買って賃貸に回す・・不動産投資のメリット 

日本経済の低迷や労働人口の減少など、国家財政の面から年金の減額が決まり、老後を含めた将来設計に不安を感じている方々は多いのではないでしょうか?

そのような背景から、最近は不動産投資に興味を持つ方が増えています。
「頭金なしでもマンション・オーナーになれます」「自己資金の少ない方も不動産投資ができます」「年収300万でもマンション・オーナーになれます」などの広告が目立つようになりました。
そのやり方として、分譲のマンションや1戸建てを、提携の銀行ローンを組んで購入し、それを賃貸に回して、回収した家賃をローンの支払いに充てると言った方法が取られています。
この分譲の物件には、中古のマンションや億ションと言われる物件から、人気のある地域の1戸建てなど、さまざまな物件があります。

分譲マンションを購入した際には、団体信用生命保険に加入することになりますので、家族のための生命保険の代わりにもあると言う1面を持っています。
同時に、相続税についても有利になり、節税効果も見込めます。
1例ですが、1億円を相続する際にかかる相続税の評価額は、預金であれば1億円となりますが、賃貸物件の場合は約4900万円となります。

この不動産投資については、特に、分譲マンションを購入して賃貸に回すことを取り扱っている会社では、入居者の確保から家賃の回収、退去時の諸作業などを代行してくれますのでとても便利です。

by admin on 1月 26th, 2014 in シニア

There are no comments.

Name*: Website: E-Mail*:
XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>